ぼくのかんがえたさいきょうのアビスパ福岡さいけんあん

アビスパ福岡の再建案はあるのかとふと考えてましたが、所詮は「ぼくのかんがえたさいきょうの」レベルの妄想なんで書き散らしに。

  • 基本路線:U20選手を中心としたレンタルと、育成者を目指すベテランでクラブを経営し、J3への降格を視野に入れる。
  • 利点:とにかくランニングコストは安く済む。
  • 欠点:勝てないので人気が上がらない。
  • 欠点をどう補うか:
  1. 育成クラブということに割り切って「U-20代表候補や五輪代表候補を送り出す」と代表人気にくくりつけた売り文句とする。
  2. 主たるターゲットを「孫が育つのを見る感覚」を受け入れられる人に絞る。特に時間と金を余らせている退職高齢者を重点的なターゲットとする。
  3. 育成システムに徹底的に力を入れ、ユース・高校・大学(福岡大)との提携を図る。これにより親御さん、ファミリー層の集客を目指す。
  4. 「勝てないと我慢できない」ゴール裏のサポーターは文化として受け入れないことにする。それこそゴール裏はユースチームの家族向けに1年1万円程度の格安で売りだすくらいで。高校のチアチームなどを入れてもよい。
  5. JFAのJ3ユース案と被るので、むしろそのパイロットモデルとして資金を引き出す。