AFC懲罰の相場観

まだまとめ途中なので悪しからず。

選手個人の問題

選手個人の問題は基本的に選手個人に出場停止措置が取られる。

粗暴犯

審判による命令の無視

チームの問題

チーム(選手全体+スタッフ)の問題は、基本的にクラブに罰金が科される。

試合準備不備

  • 選手リスト提出遅れ(15分)
  • 予備ゴール不備
  • 試合開始の遅延

広州恒大は選手リスト提出遅れの常習犯(累積期間中6回目)であり、初犯と比較すると約6倍であることから、違反ごとに「単位罰」とでもいうべき目安があり、累積期間中2回目以降は単位罰に累積回数を乗じた罰となるようである。

フェアプレー違反

  • Al Rayyan SC / 24 April 2017 / 試合後の握手拒否 / 罰金1千ドル

観客トラブル

観客トラブルは基本的に無観客試合の対処がとられる。

  • Eastern SC / 25 April 2017 / 観客が英国領香港の旗を持ち込む(独立運動) / 罰金1万ドル
  • Persepolis FC / 10 April 2017 / 観客席で喫煙者がいた / 罰金3千ドル
  • Persepolis FC / 8 May 2017 / 発煙筒持ち込み / 2年で4回目 / 罰金1万ドル、無観客試合1

イースタンSCの英国領香港旗の持ち込みは、以前の試合で広州恒大のサポーターがイースタンSC並びに香港分離派に対する敵意の表明として掲示した「殲英犬 滅港毒」のフラッグへの意趣返しだろう。この例を見ても、正規の国旗として公示された旗以外の国旗(旧国旗、地域旗など)は問答無用で取り締まりの対象となる可能性が高い。

 

出典

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中