楽天スーパーセールを使ってみよう

筆者はヴィッセルが大盤振る舞いの補強を初めて以降、J全体への話題性の提供への応援の意味も含めて楽天を使う回数を増やしている。

楽天は「攻略」するとお得に使うことが出来る。例えば今開催中のスーパーセールは、大まかに言えば1週間で10店舗で買い物すると1割相当のポイントが(上限1万ポイントで)付与されるというものであるが、当然楽天以外で買ったほうが安いものもあり、通販ゆえに送料をにらみつつ10店舗分の商品を膨大な情報とにらめっこしながらパズルのピースを嵌めるように「攻略」する必要がある。

ただ、高々1割引き、高々1万円引き(しかも1か月後に1か月間期間限定ポイントという扱いづらいもの)のためにそこまで苦労するのは、正直言って割に合わない。買い物パズルの「攻略」が好きな人なら楽天のキャッチフレーズ通り「Shopping is Entertainment!」なのだろうが、そうでない人にとっては楽天は全体的に意図的に面倒くさく作ってあるという印象となり、敬遠しがちである。

とはいえ、楽天応援のためにいくばくか「攻略」した経験から、楽天を敬遠している人向けに、自分なりの「攻略」法を伝えたいと思う――

我流・楽天「攻略」法

楽天に思考・時間リソースを食われずに楽天を「攻略」する基本的な戦略は、

  1. セール抜きでも楽天で買うのが一番お得なものを
  2. 楽天スーパーセールに合わせて定期購入する
  3. それに合わせてもともと欲しかった品などを追加割引付きで買う
  4. 期間限定ポイントは自分へのご褒美にするなり消耗品を買うなりして短期間で消費する

以上である。まず第一に重要なのは、「セール抜きでも楽天で買うのが一番お得なもの」を知ることである。その典型的な商品は茶葉である。実を言えばヴィッセルの積極補強以前から茶葉だけは楽天で買っていたほどである。その理由を分解すれば:

  1. 重量当たり単価がそこそこ高い
    1. 実店舗のコストより倉庫+宅配のコストのほうが安くなりやすい。
  2. 種類豊富で小規模生産者が多い
    1. 商品バラエティが豊かで、品質重視の選別品もコスパ重視の産直商品も選択肢があり、味めぐりの楽しみがある。少量多品目対応は、モール形態の楽天がアマゾン(地雷原となったマケプレ除く)やヨドバシに対して持つアドバンテージとなっている。
  3. 消耗品だが、日持ちし、購入間隔が長めである
    1. スーパー等では回転が悪い地雷を踏むことがままあるが、通販の人気店はその心配が少ない。楽天スーパーセールとの相性もいい。

以上を踏まえて、上記条件を満たす商品を挙げていくと:

緑茶、烏龍茶

理由は上述の通り。ほうじ茶やコーヒーは鮮度重視のため少量を頻繁に買っており、楽天では買わない。

スパイス

日本茶と同様の理由。カルディでアジアンスパイスをよく買うとか、麻婆豆腐用の花椒を大量に消費するとか、そういう人は楽天で3か月に1度定期購入くらいのペースがお得なことがままある。

アロマオイル

たまに使ったりするのだが、これも上記条件を満たす。

サプリ、風邪薬、目薬

チェーンのドラッグストアの楽天店が一番安い商品がままある。自分は昔から水溶性ビタミンやハイエンド目薬を毎日のように使いドラッグストアで補充していたが、半年に1~2回、楽天で送料無料になるまでまとめ買いするほうがお得であり、管理もしやすかった。ただし規格品のため、大手流通のほうが安い場合も多い。

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中