リーグアンのクラブたち 個人的メモ

リーグの特徴

サッカーはフランスの中で一番人気ではあるが、必ずしも支配的人気であるとは言えなかった。現在もテニス、自転車、ラグビー、柔道、スキーなどが「見るスポーツ」としても人気を博している。このため、フランスのプロサッカーは人口規模もあってそこそこの強豪ではあるものの、サッカー界を牽引するチャンピオンではなかった。チャンピオンズリーグとヨーロッパリーグはマルセイユの1993年CL制覇が唯一のタイトルであり、この点ではオランダやポルトガルの後塵を拝しているものの、中位や下位も一定レベルの力を持っているためリーグ全体のランキングでは5番手が定位置である。プレミアリーグ発足以降の欧州サッカー金満化の流れでも熱狂的人気を獲得するには至らず発展が遅れ、低迷期にはロシアやポルトガルに抜かれることもあった。最近はパリ・サンジェルマン(PSG)などがCL常連となり、遅ればせながら放映権料収入なども他国リーグを追い上げつつある。

また、リーグアンは歴史的に地方都市に強豪が多く、フランス全体の中では相対的には南部海岸と北部のドイツやイギリスに近い地域がサッカーを早期に受け入れてきた土壌があり、南部ではマルセイユ、ニース、サンテティエンヌなど、北部ではリール、ストラスブール、ランスなどが古豪に属する。中部のパリ(サンジェルマン)やリヨンなどは比較的に後発組である。その強豪も10年単位で入れ替わり、元強豪が2部で長期低迷する、あるいは2部からしれっと戻ってくることも珍しくない。このあたりは、首都や第二都市のクラブが戦前から優勝常連であることが多い他国の状況とは異なるところであり、むしろJリーグに似ている。ただそれも欧州サッカー金満化に伴い上位の強豪が固定されるようになっては来ている。

クラブ紹介

強豪

クラブの資金力の面でPSG、モナコ、リヨン、マルセイユ(、リール)が頭一つ抜けており、これらが実質4強(5強)と言っていいだろう。ただ、リーグアンでは強豪と呼ばれたクラブが突然こけて2部落ちする例はあまり珍しくなく、調子が悪いと残留争いすることはざらにある。

パリ・サンジェルマン(PSG)

優勝は通算7回。1970年にパリのクラブがすべて2部落ちしたことを受け、「首都にビッグクラブを作る」という目的で作られた人工の要素の強いクラブ。とはいえ人気がないわけではなく、最多動員を通算16回記録している。1991年にテレビ局の出資を受けしばらく強かったが、2000年代に低迷。その後2011年にカタールのけた違いの石油マネーを投入し、2010年代はリーグアン中では常勝軍団の様相を呈している。パリはフランス全人口の1/6を抱え日本よりも激しい一極集中の感があるが、それでもテレビ局や石油王の旗振りが必要というのがパリジャンということだろうか。
マルセイユとの対戦ル・クラスィクはエル・クラシコにあやかって宣伝がてらそう呼び始めたもので、日本のご当地ダービーと立場的にはあまり変わらない。もっとも、フランス国内のパリと田舎の代理戦争としての側面があり、新参ダービーとしてはかなり盛り上がるほうである。

モナコ(ASM)

優勝は通算8回。1948年にプロ化ののち順調に成長し、1959-60にカップ制覇、翌シーズンにはリーグ優勝を果たした。それ以降も上位常連で、フランスの中では古豪の部類に入る。CLでも90年代からたびたび4強に入り、2004年に準優勝しており、欧州全体で見てもまあまあ強い。とはいえリーグアン強豪の常として、最近でも2000年代後半から低迷し2011~2014の2シーズンしれっと2部落ちしている(ロシアの富豪に買収され復活)。
地域人口は多く見積もって5万人程度であり、資金力や強さのわりに観客が少ないので有名。F1モナコグランプリと同様にモナコ大公の観光立国政策により昔から税制優遇等を受けて強豪の座を維持している。その点でもリーグアンを象徴するクラブの一つであるといえる。

リヨン(OL)

優勝は通算7回。1950年プロとして発足、その後は中堅~下位で稀にカップ戦に勝つ程度の目立たないクラブだったが、1980年代に経営が悪化、2部陥落ののち現オーナーに買い取られる。その後は継続的に強化され、2000年代に7連覇して強豪の仲間入りを果たした。以降、フランス第二の都市圏としての集客力とCL賞金も相まってリーグアン強豪としての座を維持している。
リーグアンの中では、マルセイユなど地元クラブと、PSGなど人工クラブの中間的な性格を持ったクラブであるといえる。

マルセイユ(OM)

優勝はアマチュアリーグ時代1回、プロリーグでは9回。プロリーグ創設以前の優勝経験クラブの数少ない生き残りであり、創設以来定期的に優勝し、最近まで上位常連である。フランス第三の都市圏に立地しサポーターも多く、リーグ最多動員記録も戦後約70シーズン中30回を誇り、リーグアン随一の名門と言って差し支えないだろう。戦前から7~8年の黄金期ののちに7~8年ほど低迷するサイクルを繰り返しており、低迷期にはしばしば2部陥落を経験している。1990年代には5連覇後に八百長が判明、優勝を1回取り消され2部に降格させられている。
サポーターの中に治安の悪いウルトラスがおり、毎シーズン1~2回くらい観客の不行状への懲罰として無観客試合を課せられている。

リール(LOSC)

優勝は3回。戦前からの古豪スポーティングクラブ・フィヴォワとオリンピック・リロワ(アマチュアとプロで優勝各1回)の2つのクラブが二次大戦末期に合併してできた。戦後10年黄金期を迎えたが、その後は半世紀近くエレベータークラブと化す。2000年から今のオーナーになり、いい選手を集めて優勝争いに絡んだと思ったら保持できず売って2桁順位に陥落するというサイクルを短い周期で繰り返している。リールは都市圏としてはフランス第5だが、ベルギーまで都市圏が広がっているほか、属するノール県はフランスの県として人口1位である。

中堅

サンテティエンヌ(ASSE)

戦前からプロであった古豪。1957年にリーグ初制覇以降は20年間強豪の座にあり続け、その間に10回の優勝を誇る。これはリーグアン最多記録である。その後80-90年代は低迷期でエレベータークラブと化していたが、21世紀は中位で落ち着いている。リヨンに近い中都市に位置しており、リヨンとのローカルダービーはリーグアンのハイライトの一つ。

ナント(FCN)

戦後プロクラブとして発足。1963年に昇格すると、1985年までの20年間常に優勝争いに絡む黄金期を築いたほか、2000年まで優勝を経験、通算の優勝回数は8回。21世紀に入ってからは降格も経験したが、現在は中位。本拠地はフランス第8の都市圏人口を持ち、北西地域の中心都市である。

ボルドー(GdB)

ほぼ戦後からのクラブ。戦後しばらくは乱高下していたが、長らく1980年代以降は安定して上位に入るようになり、優勝6回を数える。ここ最近は資金力でPSG、OM、OL、ASMの後塵を拝することが多いものの、おおむね上位1/3には入っており、EL出場経験も豊富である。リーグアンの中では比較的安定した中堅上位と言えよう。しかしそれでも2部落ちを経験しているのはお約束である。ホームのボルドーはフランス製南部アキテーヌ、ジロンド県の中心都市であり、都市圏人口はフランス第6を数える。

ニース(OGC)

アマチュアリーグ時代から参戦している古豪。1950年代に優勝4回を数える。その後は中堅ポジションで調子が悪い時には2部に落ちるといった経過をたどっている。最近調子がよくCLにも出場した。フランス第7の都市圏である。

ランス(REIMS)

1950年代が全盛期で優勝6回を数えたが、その後不安定化し、1990年代にはアマチュアまで落ちる。2000年代に復活し、現在はエレベーター。

レンヌ(SRFC)

タイトルはリーグカップがあるだけだが、21世紀には安定して中位を確保している。

ストラスブール(RCSA)

優勝1回。戦前からの古豪。優勝経験があったころでさえ10年周期の激しい乱高下を繰り返しているクラブ。2011年に財政問題で一度アマチュアまで落とされたのち再びエレベーターに復帰してきた。フランス第9の都市圏人口を持ち、対岸のドイツにまたがる都市圏を足すとさらに上がる。

モンペリエ(MHSC)

戦前からずっと2部が定位置のクラブだったが、1980年代から徐々にポジションを上げエレベーター~中位となる。2011-12に初優勝したが、その後も不安定な中下位で推移している。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中